-

ユーザーの声

薪割りのために、軽トラもチェンソーも購入。「クラフトマン」は暮らしの真ん中にあるもの。

久積史啓さん、京華さん(青森県弘前市)

縦貼りの杉の外壁と、軒の深い大きな屋根が印象的な久積邸。屋根からちょこんと出ている煙突が、遠くからでも「薪ストーブのある家」を物語っています。
「クラフトマンと暮らすようになって、ライフスタイルががらっと変わりました」と話すのは、ご主人の史啓(ふみひろ)さん。薪割りをするためにチェンソーを購入。車も、薪を運べるようにと軽トラックに乗り換えたのだとか。「薪割りも『いい運動になる』とプラスに捉え、張り切ってやっていますよ」。そう言って笑います。

クラフトマンを選んでよかったと思う、大きな理由のひとつは「とに かく暖かい」こと。「年中ビールがおいしく飲めます」と、笑顔の史啓さん。
「暖房だけでなく、料理に使えるのもうれしいですね。お鍋やピザ、 それから、ストーブでつくる焼き芋は、子どもたちに好評なんですよ」。 そう話すのは、奥さまの京華さん。

大屋根を活かした吹き抜けと、無垢材と漆喰が心地よいリビング。その一角に据えられたクラフトマンの周りには、気がつくと家族が集まってくるのだそう。
「クラフトマンは、暮らしの真ん中にある」。そんな、史啓さんの言葉が印象的でした。

久積史啓さん、京華さん
(青森県弘前市)

TOPへ戻る